• HOME
  • – profiel –

profile

はじめまして、私について

– profiel –

オーナーセラピスト

Ryoko Inagaki

1982年8月

(三重県四日市市生まれ)

はじめまして。

オーガニックアロマセラピストの

Ryokoです。

小学校に通う二児の年子ママです。

私は小さな頃から

自分の容姿に自信が持てず

下を向いて、

友達の後ろを歩くような子でした。

そんな自分自身を変えたい。

積極的になりたい。

高校の進学時、

保育士になりたかった私は

先生に

地元の短大を勧められました。

しかし、

地元への進学ではなく

18歳で東京にある短大の進学の道へと進み

新たな自分探しもスタートさせました。

お洋服やお化粧品に

興味を持ち出したのもこの頃。

新しい環境や新しい人との出会いが

自分の人生をかえるきっかけとなりました。

短大を卒業し

私は保育士になりました。

保育士の生活は楽しく実りのある時間でしたが、

うつ病になってしまい退職へ。

働きたい、また子どもたちに会いたい思いと

心が追いつかず苦しんでいた時、

父が渡してくれた、

一枚の工場勤務の広告が目に留まりました。

保育士から離れ

昼夜の工場勤務に転職する選択をしました。

とても勇気の居る選択でしたが

新な環境、新たな人との出会いは

少しずつ

心の病を取り除いてくれました。

最初に配属されたのは

自動車メーカーの鋳造工場に。

二交代、三交代の不規則な勤務。

毎日、工場の切削油の中

作業着も黒くなり匂いも染み付いてしまいましたが

がむしゃらに働ける日々は

とても充実していました。

ですが、

職場の環境や不規則な生活は

肌荒れを起こしました。

何とかしたい

肌荒れを起こしたことがきっかけで

エステと出会いました。

その時、

担当してくださった

エステティシャンの手の温もり、

気持ちの良い手技に癒されながら、

私の肌を

自分自身のことのように

寄り添ってくださった事で

お肌も心も

元気になることができました。

そのことがきっかけで、

エステティシャンへの

夢が溢れ出しました。

自宅でのケアのタイミングで、

技を思い出しながら

真似っこしてみたり。

 

漠然とした夢を持ちながら、

母になり子育てを経て

結婚、出産を期に

エステからは離れてしまいました。

 

子どもが小さい頃、

それぞれに持病や発達の問題もあり、

保育園に入るまで、

なかなか外へ遊びに

連れて行くことができず、

不安の中、

毎日泣いて育児に奮闘していた

経験がありました。

 

産前産後は、

体調や気持ちも揺らいでしまいます。

子育てが始まると

ママもパパも忙しくなって

思いやりや感謝の気持ち

笑顔を忘れてしまいそうな時があります。

 

ほんの少しでも、

心も身体も緩めて、

ホッと過ごせる時間が

お客様

そして

ご家族の笑顔へと

つながる事ができたら。

自分自身の体験が

お客様にとって

心強く寄り添えるパートナーとなれたら

嬉しく思います。

32歳でエステティシャンの夢を叶え

6年の経験を経て

お客様一人一人との

一期一会を大切に。

 

お手入れが

お客様のお背中を

そっと押すことができたら

前を向いて

ご機嫌な日常になれますように。

そんな願いをこめて開業しました。

どうぞ、よろしくお願い致します。